プロフィール

この記事は約2分で読めます。

パパ

30代(アラフォー) 整形外科勤務の理学療法士※1。好きな科目は整形外科学、小児リハビリテーション学、義肢装具学。

文系4年大学卒業後に民間企業に4年勤務。

理学療法士に憧れて退職し、専門学校に入学。昼は介護士として働きながら、夜間学生として勉強する。

専門学校卒業後は亜急性期病院に勤務。

現在は整形外科クリニックにて勤務する傍ら、週末に自宅で整体院を開き整体師・NASYUインソールマイスターとして活動している。

ママ

30代(アラフォー) 専業主婦。

現在は2歳の男の子と毎日格闘中。愛しい我が子に愛情をフルスロットル…のはずが高齢出産のため、既に体力は限界。

メディカルアロマリハビリテーション認定セラピスト。たまーにパパの整体院でアロマの調合、アロマセラピーを手伝っている。

最近は子どもの教育費と自分達の老後資金が心配になり、資産運用にも目覚める。積み立てNISAやジュニアNISAで米国株運用、日本個別株取引で資産形成中。

おチビ

2019年夏生まれ。

好きなオモチャは「はたらくクルマ」

最近はアニメ「ロボカーポリー」に夢中。

ロボカーポリーのオモチャは日本では売っていないので、しょうがなく「そこらへんのオモチャ」にキャラクターの名前をつけている。


※1)理学療法士とは

理学療法士とは、ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対しての基本動作能力の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法などを用いて、自立した生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門家です。

理学療法士を一言で言うなら、動作の専門家です。寝返る・起き上がる・立ち上がる・歩くといった日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。

関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

公益社団法人 日本理学療法士協会ホームページより抜粋 一部改変