西松屋に新たなラインナップが登場!「くねっとロードセット ジュラシック」

レビュー
この記事は約5分で読めます。
この記事を書いた人
パパ & ママ

アラフォー夫婦。パパは整形外科勤務の理学療法士。得意分野は整形外科・小児リハビリ・義肢装具。ママは子育て真っ最中の専業主婦。メディカルアロマリハビリテーションセラピスト。【理学療法×育児】のメゾットでフィジカルを伸ばす子育てを実践中。

パパ & ママをフォローする

西松屋と言えば、低価格のベビー・子供服と生活雑貨のロードサイド大型店を全国展開しているお店を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

プライベートブランドの「スマートエンジェル」も低価格で取り揃えてくれていますし、何かとお金がかかる子育て世代には助かるお店です。

パパ
パパ

我が家のおチビも西松屋が大好きです!

子供に特化したお店(一部マタニティ商品もあり)ですので、子供服だけでなく、オムツなどの消耗品やオモチャなどの品揃えも豊富です。

そんな数ある商品の中で、以前レビューした知育玩具「くねっとロードセット」に新たなラインナップが登場していましたので、今回はその商品をご紹介します。

くねっとロードセット ジュラシックの特徴

くねっとロードセット ジュラシック(以下 ジュラシック)は、西松屋のプライベートブランドの「スマートエンジェル」から発売されている知育玩具です。

キャッチコピーは、

自由な発想で、色々なコースを作れ、子供の創造力や脳の発達に役立ちます。

コースを作り変えて車を走らせることで、子供の思考力を伸ばすオモチャのようです。

対象年齢は3歳以上です。

どんなオモチャなの?-セット内容-

車×1(2種類のうち、どちらか1つ)

くねっとロード(4色)×40(計160)

Uターンロード×1

自動反転用パーツ×1

360度回転用パーツ×1

橋用パーツ×13

これらのパーツが封入されています。

遊び方

くねっとロードを組み合わせてコースを作り、その上でミニカーを走らせて遊びます。

ミニカー自体は電池式(単三電池×1)で動き、入れ替えにはプラスドライバーが必要です。

このオモチャの魅力はなんといっても「コースの自由度が高い」ところです。

ロードパーツが細かく分かれているので、4色のパーツを交互に組み合わせてカラフルなコースにしたり、直線・カーブ、立体的な道にカスタムすることができます。

360度回転パーツでジェットコースターのようなダイナミックに走らせたり陸橋の下をトンネルにして潜らせたりすることができます。

くねっとロードセットとの違いは?

ジュラシックには、よりダイナミックに走らせるためのパーツが多数採用されています。

違い1【自動反転用パーツ】

自動反転用パーツの上に車が乗ると、パーツの上の台が回って車がコースを逆走するようになります。

Uターンロードと組み合わせることでより複雑な走り方をするようになります。

違い2【360度回転用パーツ】

車を宙返りさせるパーツです。

よくジェットコースターにある「くるっと1回転する」コースが作れちゃいます。

これがあるだけでコースの立体感が凄く出るように感じます。

子供の能力を伸ばす!

「くねっとロードセット ジュラシック」が知育玩具として子供のどんな能力を伸ばせるのかについて考えてみました。

パパ
パパ

理学療法士としての立場から考察してみました!

指先の巧緻動作(指先の器用さ)

コースを組み立てるにはパーツを1つ1つ組んで繋げていく必要があります。

色々な形のコースを作るには、たくさん指を動かさなければいけませんので繰り返し遊ぶたびに指の巧緻性の向上が期待できます。

また、ロードパーツをはめる・外すを繰り返すことは、指先の力加減の学習にもなります。

パッと見で細かいパーツが多い印象ですが、指先の練習にはちょうど良い難易度です。

想像力を高める

このシリーズの個人的な推しポイントはココだと思います。

簡単なサークルのコースから、カーブの多いくねくねコース、Uターンロードや自動反転用パーツ、360度回転パーツを使えば走らせた時にミニカーに変化させることができます。

違ったコースを新しく作る過程には創意工夫が必要になってきますので、創造力を高める力を伸ばしたいと思っているパパ・ママにはお勧めのオモチャです。

立体的な認知力の向上

傾斜台を使って8の字コースを作ったり360度立体コースを使ってダイナミックに走らせたりすることは、物事を立体的に認識することができるようになります。

この能力は、物の距離感をつかむのに必要な空間的距離感を養うことにつながることが期待できます。

仮説と検証、論理的な思考を育む

子どもの視点にたつと、あくまでも目的は「ミニカーをコースの上で走らせて遊ぶこと」です。

実際には複雑な思考過程を経て遊んでいます。

例えば、

  • どんなコースをつくってみようか。
  • 坂道や傾斜をつけてコースを作ってみようか
  • 時には、走らせている最中にコースを変形させてみたり…

そんなことをして、ミニカーがちゃんとコースの上を走ってくれるか、どこまでやったら脱線するか。

失敗と成功を繰り返しながらミニカーを走らせるということは、頭の中で「仮説と検証を繰り返しすこと」それによって成功と失敗を学ぶことになります。

これによって論理的思考の基礎が養われることが期待できます。

動体視力を高める

これは前回レビューした「くねっとロードセット」からパワーアップした項目です。

さらに立体的なコース、逆回転コースが作れるようになったことで動体視力の向上も期待できるようになりました。

複雑に走り回るミニカーを目で追いかけることは、目の筋肉を活性化させることができます。

例えば、360度立体コースで上下の目の動き、自動反転用パーツで右→左、左→右の眼の動きを訓練できそうです。

くねっとロードセットジュラシック-まとめ-

パパ
パパ

車や恐竜好きなら遊ばせてみよう!

ジュラシックはボリューミーなセット内容で、これ単体で遊んでも十分楽しめる内容になっていると思います。

もし、くねっとロードセットを既に購入していたとしても、拡張セットとしての役割は十分。

コースを延長するほどに子供の創意工夫が磨かれます。

結果としては、どちらの場合でも十分楽しめるセットです。

子どもの「自由な発想」を伸ばしたいと思われるパパ・ママは購入を検討してみるのも良いのかもしれませんね。