トリケラトプスシリーズ【恐竜の大陸】を紹介!困難に立ち向かう恐竜たちの姿をみて勇気を貰える作品です。

絵本
この記事は約5分で読めます。
この記事を書いた人
王冠すずめ

整形外科勤務の白衣の肉体労働者。理学療法士の視点から子育てに関する情報を発信する予定が最近は投資関係の話題ばかり。バリュー銘柄中心にご紹介しています。

王冠すずめをフォローする

子供に人気のジャンルに「恐竜」があります。

王冠すずめ
王冠すずめ

うちのおチビも3歳頃からハマっています。

我が家がハマったきっかけは、何気なしに借りた1本のDVDでした。

見てる最中は「なんか真剣に見てるなー。」くらいにしか思っていなかったのですが、

おチビはかなり興奮していたようで、DVDを見終わった後も熱冷めやらぬ様子。繰り返し見たがったのを覚えています。

それ以降は寝ても覚めても恐竜、きょうりゅう、キョーリュー…オモチャも洋服も絵本も何かにつけて恐竜をねだるようになってしまいました。

それまでトミカLOVEに一直線だったものが、あっという間に部屋が恐竜一色に…

話が逸れますが、我が家は絵本に関してはちょっとこだわりがあります。

こだわりといっても「たくさん本に触れさせたい」と考えているだけなんですが。

王冠すずめ
王冠すずめ

絵本なら何冊買ってもいいよ…(震え声)

…そんな感じでママにも言ってたりします。(そのぶんオモチャはケチってますけどね。)

そんな中で、我が子以外にもオススメしたいと思える絵本に出会いました。

今回はその絵本についてご紹介します。

恐竜トリケラトプス シリーズとは

恐竜トリケラトプス シリーズはトリケラトプスの子どもが主人公の物語です。

父親でトリケラトプス軍団のリーダーについて行きながら、仲間の恐竜たちと困難に立ち向かいながら乗り越えていくお話です。

現在は、

  • 恐竜の大陸 シリーズ:全7作品
  • たたかう恐竜たち シリーズ:全10作品
  • 恐竜だいぼうけん シリーズ:全12作品

発売されています。

シリーズが始まったのが1992年で、30年も続くロングセラーとなっています。

◍ 主な登場人物

EhonNaviより引用

恐竜の大陸シリーズ 紹介

恐竜の大陸シリーズは「トリケラトプス シリーズ」の最初の作品です。

トリケラトプスたちが住んでいた土地が荒廃したことをきっかけに、新たな安住の地「新天地」を求めて長い旅に出ます。

その道中でさまざまな恐竜に出会い、戦って困難を乗り越えていきます。

↓ シリーズを発行年順に並べています。


たたかえ「恐竜」トリケラトプス

発行年:1992年
ページ:38

気候の変化が起こり、食料の植物が減った。トリケラトプスのむれも南へ旅立つ準備を始めている。だが恐ろしい肉食恐竜がつけ狙っていた。ダスプレトサウルスだ。

「BOOK」データベースより

恐竜リトルホーンと巨大翼竜

発行年:1992年
ページ:39

南をめざし草原を横切ろうとするトリケラトプスのむれに、空から巨大翼竜ケツァルコアトルスが襲いかかる。だが隠れ場所はない。トリケラトプスはどう戦うのか。

「BOOK」データベースより

恐竜トリケラトプスと巨大ワニ

発行年:1993年
ページ:38

トリケラトプスのむれは不気味な川にぶつかった。全長15メートルもある凶暴な巨大ワニが生息している恐怖の川だ。トリケラトプスのむれはどう川を渡るのだろうか。

「BOOK」データベースより

恐竜トリケラトプスとティラノサウルス

発行年:1995年
ページ:35

トリケラトプスのむれは、みどりゆたかな新天地をもとめて南へ長い旅をつづけています。先頭をいくリーダーのビッグホーンが、むすこのリトルホーンにいいました。「このあたりはむかし海のそこだったところだ。岩山がおおくて、肉食恐竜がかくれてまちぶせしていそうな感じがする。であわなければよいのだが…。」

「BOOK」データベースより

恐竜トリケラトプスと巨大ガメ

発行年:1996年
ページ:39

海岸を行くトリケラトプスのむれは卵を産んだ巨大ガメ、アーケロンを見つけた。リトルホーンは卵を守る。そこに恐ろしい敵がやってきた。あのダスプレトサウルスだ。

「BOOK」データベースより

恐竜 トリケラトプスジュラ紀にいく

発行年:1997年
ページ:39

リトルホーンは草食恐竜トリケラトプスの子。肉食恐竜たちと戦いながら、新天地をめざし南へ旅する冒険物語。トリケラトプスのむれは巨大クレーターに迷い込む。そこはジュラ紀世界だった。巨大恐竜ウルトラサウルスに出会い、ステゴサウルスを守るためアロサウルスと戦う。

「BOOK」データベースより

恐竜 トリケラトプスの大決戦

発行年:1998年
ページ:39

リトルホーンは草食恐竜トリケラトプスの子。肉食恐竜たちと戦いながら、新天地をめざし南へ旅する冒険物語。ついにトリケラトプスのむれは、緑豊かな新天地を見つけた。しかしそこに行くには恐ろしい肉食恐竜軍団が待ちうけている。いったいトリケラトプスはどう戦うのか。

「BOOK」データベースより

おわりに

今回ご紹介した恐竜の大陸 シリーズは、全30巻にも及ぶトリケラトプスシリーズの最初の物語です。

捕食される側の草食動物であるトリケラトプスが、幾多の困難に立ち向かい、自分で道を切り開いていく姿は大人が読んでもワクワク、ドキドキさせられます。

ストーリーもシンプルで読みやすく、小さいお子さんでも楽しみながら読める作品です。

この記事を書いた人
王冠すずめ

整形外科勤務の白衣の肉体労働者。理学療法士の視点から子育てに関する情報を発信する予定が最近は投資関係の話題ばかり。バリュー銘柄中心にご紹介しています。

王冠すずめをフォローする
絵本
シェアする
ベビセフ
トップへ戻る