【2021.10】資産ポートフォリオ

ポートフォリオ
この記事は約5分で読めます。
この記事を書いた人
王冠すずめ

整形外科勤務の理学療法士。得意分野は整形外科・小児リハビリ・義肢装具。【理学療法×育児】のメゾットでフィジカルを伸ばす子育てを実践中。子育てに必要な教育資金を確保するための投資についても発信。

王冠すずめをフォローする

今年も残り2ヶ月となりました。

1年は早いもので、毎年のことながらあっという間に過ぎてしまいますね。

特に去年、今年は新型コロナのお陰でほとんどまん延防止か緊急事態宣言で自粛期間ばかりでしたので、何をするでもなく終わってしまいそうですね。

今月の頭に全面解除されてからは少しずつ人の出が増加してきているようですが、まだコロナ前とはいかないようです。第6波の懸念もありますので、感染対策はしっかりとした上で行動したいですね。

まずは今月の国内外の社会ニュース(個人主観強め)についての記録です。

指数日経平均TOPXJ-REIT指数月例経済報告景気動向指数消費者物価指数有効求人倍率完全失業率
数値28,893円
(-2.09%)
2,001pt
(-2.06%)
2,093pt
(-0.25%)
景気の持ち直しの動きがあるも、テンポは弱まってきている(10/15)101.3+0.1%(9月)1.16倍(9月)2.8%(9月)
備考マイナストレンド4月から上昇傾向
1年6ヶ月ぶりに
プラス圏に
上昇傾向2.2%まで戻れば完全雇用
日銀短観とは
調査対象企業が1万社とサンプル数が多く、速報性がある。
日銀短観の結果は日銀の政策に影響を与える可能性があり、株価への影響もある指標。個人投資家はしっかり確認しておく方が良い指標の1つ。

●各指数からみる経済状況

雇用環境は回復基調で景況感は悪くないものの、ピークアウトの兆しあり。

●日本のコロナ状況

新型コロナに関しては、日本政府は10/1にまん延防止等処置、緊急事態宣言を解除しました。

現在の新規感染者人数はピーク時(8/20 25,000人/日)と比べ、274人/日(10/28時点)と激減しています。

これからの経済活発化が期待されるところです。

日経平均の推移

Yahoo!ファイナンスより

22021/8/16~2021/10/31までの日経平均のチャートです。

9月14日の最高値30,795円と、10月6日の207,293円の間で三角持ち合いを形成しています。

10月末には大分値動きが収束してきて、上にも下にも動きづらくなってきています。

衆院選が本日(この記事の執筆時は10/31)なので、投票結果次第といったところだと思います。

自民党が単独過半数を取れば株価は上向きに動くと予想されていますが…11/1にどちらに動き始めるのかが見物ですね。

2021.10ポートフォリオ

今月は投資信託の定期購入だけで、個別株は購入しませんでした。

●先月からの推移

アセット9月10月
個別株27.8%25.8%
投信43.3%47.0%
仮想通貨13.3%17.2%
現金16.5%11.5%

仮想通貨の躍進が凄いです。

資産が少ないのでポートフォリオの占める割合はかなり高く見えます。

仮想通貨はこれからも伸びる分野だと思っているので、信じて保有を続けたいと思います。

(年末までに暴騰したら、課税されないレベルで利確しようかな…。)

日本個別株ポートフォリオ

投資手法は高配当・優待と銘柄のよって購入しています。上の表の株式たちは単元・未満株をまとめて表示してあります。

手持ち株の評価額に関しては大きく変化はなく、比較的安定した推移で辿っています。(ほぼバリューなので当たり前ですが。)

先月の総資産評価額は1,810,773円だったのに対して、1,796,197円と減少しています。

米国株と比べると日本株が低迷しているのが気になります。

年間配当金ポートフォリオ

現在の配当金はこんな感じです。

前月の年間配当金が48,886円だったのに対し、48,949円と+63円と微増しています。

ちなみに、上のグラフはスマホアプリで使用することができます。

銘柄の取得金額と株数さえ入力すれば使えます。かなり使いやすくオススメのアプリですので、複数の証券口座を保有していて管理できていない方は試しに使ってみても良いかもしれません。

配当管理

配当管理
開発元:Takanori Ochiai
無料
posted withアプリーチ

仮想通貨

(左)BTCの10月の値動き (右)仮想通貨+国内個別株の推移

BTCは10月中旬に720万円と最高値をつけた後、700万円近辺で調整に入っています。

下落リスクは高いものの、年末に再度高値にトライする(半減期翌年の年末は暴騰する)と見込んでホールド継続です。

仮想通貨の暴騰のお陰で仮想通貨+個別株のパフォーマンスが単月比が+15%と超絶右肩上がりなので小躍りしています。

今月のPFの振り返り

日本国内、海外情勢が不安定になる中、キャッシュポジションが11.5%とほぼフルインベストメントになってしまっています(-_-;)

毎月のことながら、貯金を切り崩して積立投資に回している影響で、月の入金額以上の分がキャッシュポジションを押し下げてしまっています。

また、仮想通貨の暴騰もかなり影響しています。

総資産額は伸びてきているので、そろそろポートフォリオの調整時期にきていますね。

ただ、どこから手をつけたら良いのか…

とりあえずは資金ショートギリギリまで粘ってみる方向で。

これから投資を始めるなら!

もし、これから資産運用のために株式投資を始めたいなら、証券口座が必要です。

これから投資を始めるならSBI証券がオススメです。

SBI証券は6月から新規で始まったSMBCカードで積立投資をすると最大3%のポイントがつきます(期間限定なのでお早めに!)

さらに6月から始まったばかりの投資信託「SBIV(エスビーアイブイ)シリーズ」は現行商品に中で手数料最安(2021.7現在)で最もオススメな商品です!

↓今ならスタートダッシュキャンペーンに間に合う!

この記事を書いた人
王冠すずめ

整形外科勤務の理学療法士。得意分野は整形外科・小児リハビリ・義肢装具。【理学療法×育児】のメゾットでフィジカルを伸ばす子育てを実践中。子育てに必要な教育資金を確保するための投資についても発信。

王冠すずめをフォローする
ポートフォリオ
シェアする
ベビセフ
トップへ戻る