【1株投資・端株投資】富士電機(6504)より1株投資で2022年の優待カレンダーを頂きました!

受取株主優待 記録
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いた人
王冠すずめ

整形外科勤務の理学療法士。得意分野は整形外科・小児リハビリ・義肢装具。【理学療法×育児】のメゾットでフィジカルを伸ばす子育てを実践中。子育てに必要な教育資金を確保するための投資についても発信。

王冠すずめをフォローする

1株投資(端株投資)をご存知でしょうか。

その名の通り、1株から株の取引ができるサービスのことです。

基本的に国内の個別株は1単元(100株)ごとに売買されます。そのため、1単元に届かない株(1~99株)のことを『単元未満株』もしくは『端株』と呼びます。

株主優待を行っている多くの企業は100株以上が条件だったりしますが、中には単元未満株でも貰える株主優待があります。

それが『端株優待』です。端株であれば投資資金が少なくても始められますし、優待を貰う楽しみも味わえます。

王冠すずめ
王冠すずめ

少額資金でも優待投資の楽しみが味わえます!

今回は、端株優待で富士電機(6504)よりカレンダーを頂きましたので、ご紹介します。

このページは管理人が行っている端株優待の記録用です。内容の正確性は保証致しかねますので、予めご了承ください。また銘柄を推奨するものではありませんので、併せてご理解の程お願い致します。

2022優待カレンダー

今回頂いたカレンダーを簡単にご紹介します。

梱包はまきまきした状態で送られてきます。郵便ポストに入らないから配達員さんが玄関まで届けて下さいました。

サイズ

縦52㎝横38㎝

上記の写真からも分かると思いますが、大型のカレンダーサイズです。

絵柄

今回のテーマ「希望の明かり」に沿った様々なライトアップが納められています。

カレンダーのスペースはだいたい40%程度なので、細かく予定を書きたい場合には素直に他のものを使うのが良さそうです。

リビングの一角に飾っておくと便利そうなカレンダーですね。

端株優待でカレンダーが貰える企業紹介

今回ご紹介した富士電機以外にも、1株優待でカレンダーが貰える企業があります。

これらの企業には、全株主対象としてあらかじめ公表している企業もあれば、「隠れ優待」としてプレゼントしている企業もあるようです。

以前にまとめた記事がありますので、よろしければこちらもご覧下さい。

1株.端株優待投資を始めるなら!

端株投資を始めるなら、最大手のネット証券会社SBI証券からリリースされている【SBIネオモバイル証券】がオススメです。

SBIネオモバイル証券では通常100株からしか買えないものが、1株から購入できるため端株優待投資をするのに最適です。

また、T-POINTでも投資が出来るのも魅力的です。

SBIネオモバイル証券のメリット
  • 1株から購入が可能
  • 1,000円、3,000円など金額単位でも注文が可能
  • 月50万円までの取引手数料が月額220円(税込)と格安
  • 毎月200円分のT-POINTが戻ってくる
  • T-POINTで投資が出来るのはネオモバだけ

私もネオモバを使っていますが、見やすい画面で使いやすい印象です。端株をコツコツ集めるのにもオススメの証券口座です。

口座開設は無料です。

ネオモバ株アプリ

ネオモバ株アプリ
開発元:株式会社SBIネオモバイル証券
無料
posted withアプリーチ

※この記事は2021.11時点の情報です。内容が最新でない可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

トップへ戻る