【初心者向け】Walken(ウォーケン)をプレイする前に知っておくべきことまとめ。

M2E
この記事は約7分で読めます。
この記事を書いた人
王冠すずめ

整形外科勤務の白衣の肉体労働者。理学療法士の視点から子育てに関する情報を発信する予定が最近は投資関係の話題ばかり。バリュー銘柄中心にご紹介しています。

王冠すずめをフォローする
王冠すずめ
王冠すずめ

ブログ管理人の王冠すずめです。

今回はチマタでじわじわ人気を集めているNFTゲーム「Walken(ウォーケン)」のプレイ一連の流れについてご紹介します。

※今回の記事は全くの初心者向けになります。

NFTゲームであるあるなのが、「日本語対応していない」ことです。

全部英語で書かれているので、初めて触れる人の障壁は高いと思います。

モブA
モブA

アプリを入れたものの遊び方が分からない!

王冠すずめ
王冠すずめ

1回で遊び方をマスターできるように解説するね!

NFTゲームで稼ぎたい!と思って実際に始めてはみたものの、英語ばかりでやる気を削がれてしまってはもったいない!

頑張ってわかりやすく解説しますので、ぜひ最後までご覧頂けたら幸いです。

…ちなみにTwitterは

Walken専用アカ(https://twitter.com/walkeeeen)を作ってみました。

チーポリ
チーポリ

虹色の「ANTI-CHEAT POLICE」がアイコンです。

Twitterではほぼ無益な情報を垂れ流しています。

よろしければフォローしてください。もれなくタイホ(フォロー)しに伺います。

チーポリ
チーポリ

ここからはチーポリが解説させていただきます。

まだアプリをダウンロードしていない方はこちらより可能です↓

Walken.io

Walken.io
開発元:Milky Way
無料
posted withアプリーチ

Walken用語集

用語
Walkenをプレイするにあたって、知っておきたい用語です。
  • Walken(ウォーケン):アプリ、サービスの名称
  • CAThlete(キャスリート):キャラクターNFT、最初の1体はアプリ登録時に無料配布。
  • GEM(ジェム):歩数に応じて獲得できるトークン。キャスリートのレベル上げ、2体目以降のキャラクターNFTや装備品の購入に必要。
  • WLKN(ウォーケン):他プレイヤーとの対戦で勝利することで報酬として貰えるトークン。キャスリートのレベル上げ、2体目以降のキャラクターNFTや装備品の購入に使用。

Walkenとは

Walkenより

Walkenは、歩数を稼いでキャラクター(キャスリート)を強くして、他のプレイヤーとコンペティションで競わせるNFTゲームです。

他のプレイヤーに勝利することで仮想通貨(暗号資産)を稼ぐことができます。

$WLKNを稼ぐための基本的な流れ

Walkenはキャスリートと呼ばれるキャラクターを使って、他のプレイヤーと競わせてトークン$WLKNを稼ぎます。

稼いだ$WLKNは取引所を経由して円転させることができます。(現在はアプリから直接出金手続きができませんが、ファントムウォレットを利用することで出金、利益確定させることができます。)

Walkenをプレイする基本的な流れは

「歩く」

 ⇩

「コンペで勝つ」

 ⇩

「報酬として$WLKNを獲得」

 ⇩

「$WLKNを¥に変換」

ここまでが利益確定までの一連の流れになります。

歩いて歩数を稼ぐ

コンペで他のプレイヤーと勝負する際に、勝敗が決まる要素として基本ステータス、装備品の有無と直近24時間の歩数が関係してきます。

ゲーム開始初期は丸裸のキャスリート同士の肉弾戦ですので、基本的には装備品は関係ありません。

そのため、どれだけ歩数を稼げるかが勝敗の分かれ道とも言えます。

チーポリ
チーポリ

個人的な目安としては15,000~20,000歩は欲しいところ。

コンペに参加する

コンペは3種類あって、自分のキャスリートが得意な競技で対戦することで勝率が大きく変わります。

そのため、あらかじめキャスリートのステータスは把握しておきましょう。

詳細はこちらの記事を参照してください。

コンペで勝利すると報酬が貰える

無事コンペで勝利したら報酬としてトークン( $WLKN )が獲得できます。

このトークンは後々レベル上げや装備品を購入したり、そのまま円転して利益として抜くこともできます。

稼いだ$WLKNはウォレット画面から行うことが可能です。

チーポリ
チーポリ

今回は初学者向けのため、出金方法については割愛します。

以上が基本的なWalkenで遊ぶ流れでした。

実際にプレイしよう

ここからは実際にどうやって遊ぶのかについてご紹介します。

アプリをバックグラウンドで起動させる

Walkenの歩数カウントは、チュートリアル終了時にヘルスケアアプリの権限を確認されています。そちらで許可してあれば自動的にカウントされるようになっています。

もし、カウントされていないようであればWalkenアプリを起動させればヘルスケアアプリも自動で起動されます。

歩いてGEM獲得&ステータス強化

Walkenアプリ内で必要なGEMは歩数を稼ぐことで貰えます。

レートは1,000歩につき1GEM。1日で10,000歩を超えるとボーナスで5GEMが貰えます。

また他プレイヤーとバトルする際に直近24時間の歩数がステータスに上乗せされます。

チーポリ
チーポリ

経験則では15,000~20,000歩は欲しい!

キャスリートのステータスを確認する

歩数を稼いだら、自分のキャスリートがどの種目に有利なのかを確認します。

左の個体では「Speed」の項目が高いことが分かります。

このステータスはレベルが上がるごとに上昇していきますが、基本的に全数値が同じパーセントで上昇していきますので、基本的にずっと同じコンペの種目で対戦することになります。

コンペに参加させる

実際の対戦画面です。

左が自分のCAThlete、右が対戦相手です。

それぞれのステータスと24時間の歩数を合わせて勝負します。

画面下に表示されている「Competitions」より参加できます。

最初に参加できるのは一番下のLeagueⅠです。

キャスリートのレベルが上がるごとに上のリーグに参加できるようになります。

Energyが必要
Competitionsに参加させるにはCAThleteのEnergyが必要です。
Energy 1に対して1回Competitionsに参加させることができます。
Energyは2時間ごとに1ずつ回復します(12Energy/日)

Competitionsで勝利すると「My Wallet」のWLKNページに反映されていますので、確認してみてください。

このWLKNは後々CAThleteのレベル上げや追加のCATheletes・装備品を購入する際に必要です。

また出金して利益確定させることもできます。(金額はその時のレートによる→トークン価格はこちら

アプリのダウンロードはこちらから↓

Walken.io

Walken.io
開発元:Milky Way
無料
posted withアプリーチ

最後に

今回はWalkenの初期のプレイの仕方についてご紹介しました。

今後はゲームをプレイしていくことでトークン(GEM・WLKN)が貯まります。そのトークンを使って新しいCAThletesや装備品を購入することでさらに遊びが広がります。

今後はCAThletes同士を掛け合わせることで新しいCAThletesを生み出すブリーディング機能の実装が予定されています。

このブリーディングを上手く活用することで大きく稼ぐことも可能ですので、早めにWalkenをプレイし始めると良いでしょう。

今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いた人
王冠すずめ

整形外科勤務の白衣の肉体労働者。理学療法士の視点から子育てに関する情報を発信する予定が最近は投資関係の話題ばかり。バリュー銘柄中心にご紹介しています。

王冠すずめをフォローする
M2E
シェアする
ベビセフ
トップへ戻る