【2021.12】つみたてNISA&ジュニアNISAパフォーマンス集計結果【23ヶ月目】

NISA
この記事は約7分で読めます。
この記事を書いた人
王冠すずめ

整形外科勤務の白衣の肉体労働者。理学療法士の視点から子育てに関する情報を発信する予定が最近は投資関係の話題ばかり。バリュー銘柄中心にご紹介しています。

王冠すずめをフォローする

2021年12月のNISA口座の資産推移についての記録です。

開始時期
つみたてNISA
2020年2月~
ジュニアNISA
22020年10月~
コロナショック前後から各NISA満額で積み立てを始めました。振り返ってみると、時期的には最高のタイミングだったと思っています。
現在も積み立て継続中で今後もなんとか継続していきたいと考えています。

NISA講座では基本的に投資信託を中心に定期購入しています。

一部日本株も混じっていますが、最初に色々試したものの名残で、今後個別銘柄を増やす予定はありません。

23ヶ月目のパフォーマンス

口座保有銘柄入金額/月累積買付金額時価評価額損益額(%)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6c5eba05aad58005cbf794c5562521b5.jpg・eMaxis Slim米国株式(S&P500)
・eMAXIS Slim先進国株式インデックス
・28,333円
・5,000円
799,996円1,054,929円+254,933円
(+31.86%)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: c3b160f45a8c45b3ccedbe1893cf6891.jpg・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
・国内個別株
・66,666円
・-
・1,508,032円
・91,960円
・1,902,808円
・104,400円
+394,776(+26.17%)
+12,440円(+13.52%)
合計99,999円2,399,988円3,062,137662,149円
(+27.5%)

23ヶ月目の損益

NISA口座を運用開始してからの含み益は66万円と先月と比較して-7万円の結果となりました。

新型コロナウイルスの変異株、オミクロン株の影響(?)と米国のテーパリング加速示唆によって連日株価が値下がりした結果だと考えられます。「会社四季報ONLINEー26日の米国市場にも波及、変異株懸念の世界株安の深刻度」、「REUTERSー米国株式市場=下落、テーパリング加速や変異株巡る懸念で」より

年末、来年にかけては米国株も弱含むことが予想されますが、引き続きS&P500を淡々と買い増していく姿勢は変えません。

王冠すずめ
王冠すずめ

S&P500指数連動型インデックスしか勝たん!

NISA口座の基本方針

「長期・積立・分散」
・つみたてNISAは老後資金
・ジュニアNISAは教育資金
・S&P500で各口座の満額入金に耐え続ける!

各NISA口座は楽天証券で保有しています。

基本的に毎月投資信託を買い付けるようにしていて、eMAXIS Slimシリーズを愛用し、コアとなる部分をS&P500指数連動型に選んでいます。

よく、S&P500やVTIとオルカンが比較対象に出てきますが、「株式の中心は米国」「米国が傾けば全世界が傾く」と信じて契約当初にままにしています。

ただ、今からつみたてNISAを始める方であれば、SBI証券の「SBI・V・S&P500インデックスファンド」がオススメです。

楽天証券の「eMAXIS Slim S&P500」より信託報酬が安く設定されていますので、長期投資をするならばこちらが良いでしょう。

私はNISA口座こそ楽天証券ですが、毎月SBI証券の「SBI・V・S&P500インデックスファンド」をクレカ投資しています。

この投資信託はクレカ投資対象なので、ポイントが付与されます。

手数料最安・ポイントが貯まると良いことずくめの投資信託「SBI・V・S&P500インデックスファンド」はSBI証券のみの取り扱いになりますので、この投資信託を買うためだけに証券口座を開く価値はあります。

現在「SBI証券」と三井住友カードとのタイアップでスタートダッシュキャンペーンでお得に積立ができるので、ぜひ検討してみてください。

つみたてNISA口座の内訳

楽天証券より

今月は投資額(濃青)より評価額(薄青)の上昇率が負けてしまいました。

S&P500が高値警戒感から調整に入ったので、先々月と同程度のパフォーマンスに低下しています。

先月のトータルリターンが+38.26%だったのに対して+31.86%となりました。

王冠すずめ
王冠すずめ

まだまだ心配するような水準では無いですね!

月次のトータルパフォーマンス

直近7ヶ月のリターン推移を表にまとめました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6c5eba05aad58005cbf794c5562521b5.jpg6月7月8月9月10月11月12月
パフォーマンス+27.84%+31.87%+31.83%+34.76%+30.35%+38.26%31.86%
記事リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※NISA口座のレポートは月初に行っています。

月次パフォーマンスを比較すると、まさかの11月の期間中にマイナスになっています。

歴史的に見ると、11月はほとんどプラスになりやすい時期なんですけどね(^^;)

まぁ、多少安く仕込めるのはありがたいことです。

ジュニアNISA口座の内訳

ジュニアNISAについても順調に伸びてくれています。(積立商品がS&P500なので当たり前なのですが…)

2021/12/2時点

トータルリターン:+394,776円

評価額:1,902,808円

実質投資額:1,508,032円

月次のトータルパフォーマンス

直近7ヶ月のパフォーマンスの推移を見ていきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: c3b160f45a8c45b3ccedbe1893cf6891.jpg6月7月8月9月10月11月12月
パフォーマンス+16.1%+23.6%+23.82%+27.63%+24.19%+30.97%+25.45%
(投資信託)(+5.9%)(+4.6%)(+6.6%)(+28.19%)(+24.0%)(+31.8%)(+26.17%)
(国内株式)(+17.3%)(+20.3%)(+25.15%)(+20.05%)(+24.2%)(+17.51%)(+13.52%)
記事リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

瞬間風速的に+30%のパフォーマンスが出たのも束の間、今月は5%以上も低下してしまいました。

投信にかんしては、逆に今の時期に安くなってくれると購入数も増加できますのでありがたいと思っておきます(-_-;)

NISAは始めたほうが良いの?

長期間貯めておくなら資産運用も考えなければいけない時代

NISA制度は2018年から開始された「少額投資非課税制度」です。つみたてNISAは年間40万円を上限に最長20年間、ジュニアNISAは年80万円までを3年間(2024年まで)、投資信託を積み立てる国の制度です。

通常、投資で出た利益の20.315%は税金で持って行かれてしまいますが、このNISA制度を活用することによって税金が非課税になる制度です。この制度の開始から3年ですが、既に300万口座を突破して老後資金作りに励む人が急増しています。これまでの貯金や保険に代わり今後は蓄財のスタンダードとなり得る可能性を秘めた制度です。

NISAは世界経済の長期的な成長に乗って、安定的に資産を増やしていく方法です。長期的に積み立てれば暴落リスクも最小限に抑えることができますし、資産増加のメリットも享受できます。

将来の教育資金などを確保するのにも十分利用価値のある制度です。

基本的にNISAで運用するのは投資信託、つまり株式です。手数料が割安で成長性が見込める銘柄を選定すれば長期間の運用で年平均5%以上の成長率が見込めます。

特に子育て世代では教育資金の確保に資産運用を始める方も多くなっています。もし、子どもの教育資金確保が不安なら、無理の無い少ない金額から初めても良いのでは無いでしょうか。

NISAを始めるのにオススメな証券会社!

積立NISAを始めるならSBI証券、楽天証券で初めてみましょう。

SBI証券は6月から新規で始まったSMBCカードで積立投資をすると最大3%のポイントがつきます(期間限定なのでお早めに!)

さらに6月から始まったばかりの投資信託「SBIV(エスビーアイブイ)シリーズ」は現行商品に中で手数料最安(2021.7現在)で最もオススメな商品です!

↓今ならスタートダッシュキャンペーンに間に合う!

トップへ戻る